2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

[AD]

  • 楽天ショッピング
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック

« トラッキー最高 | トップページ | エルミタージュ美術館展 »

松ちゃんの言葉

大津市の話はまだまだ収まりを見せていません。というかいつまでたっても
繰り返されるいじめ、そして自殺。この負の連鎖をどうにか少しでも減らすには
どうしたらいいのか、本当に考えさせられます。

とても難しい。いじめって何か。

とある辞典より引用
精神的、肉体的に自分より弱いものを暴力や嫌がらせによって苦しませること

いじめた側の子供は社会的に制裁をうけ、猛省し同時に精神的にも
相当疲労衰退した状態でいじめられた側が反撃をしたら、いじめっ子と
いじめられっ子の立場が逆転する。

どこまでが正義か。どこまでは許されるのか。

しかし、そんな状態にならず自ら命を絶ってしまう人も後を絶たない。そこまで
追い込まれてしまった。その苦しみや辛さは相当であり、経験していない
自分などは到底、想像できない。想像できないほどの辛さだということだ。

「自殺するやつはバカだ」

これは松本さんの発した言葉の抜粋だ。ここだけ見るとインパクトのある
言葉でいっけん親族の気持ちを何も考えていないデリカシーのない言葉と
とられがちだが、実はそうではないとDiceKは思っている。

もちろんいじめる奴が悪いのは当然、だけど、自ら大切な命を絶つこと、
そのほうがもっともっと罪深く、決して許されることではない。

自分は命を絶つことでいじめから解放されるが残された親兄弟の深い
悲しみは誰がいやしてくれるのか。大切な存在を自ら消し去り、それも
一方的に、そして大きな悲しみを残し去って行く。家族、友人、一生
癒されない悲しみ。深く深く刻みこまれる。自殺する本人よりも長く
ずっとこの先一生、その悲しみ、深い悲しみを背負って生きていく。

きっと松本さんはそういうことを言いたかったのだろうと思う。

« トラッキー最高 | トップページ | エルミタージュ美術館展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505627/55210833

この記事へのトラックバック一覧です: 松ちゃんの言葉:

« トラッキー最高 | トップページ | エルミタージュ美術館展 »