2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

[AD]

  • 楽天ショッピング
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック

« 久しぶりのANA その3 | トップページ | やはり継続することに意味がある »

プロバイダについて

DiceK が初めて契約したプロバイダは VC-NET というプロバイダでした。

いま検索したらまだホームページありますね、まだ事業されているんですね。
 
なぜVC-NETにしたのかは覚えていませんが、しばらくVC-NETを利用して
いました。その後、退会していまの @nifty に切り替えました。DiceKの
パソコン暦は長くて、PC-VAN vs NIFTY-SERVE の時代を知っています。
 
もともと日本国内はNECのPC98がシェア何割でしょうね、誰でもPC98を
持っている時代にDiceK は X68000 を使っていました。もともとだから
PC-VANやPC98が好きになれずにいたんですね。。。
 
だからそれに対してNIFTYと。それにお世話になっている会社でも
あるので必然的にNIFTYに入会したという流れでした。
 
そして今はもうNIFTYで使い続けていますが、プロバイダを変更する必要も
特に感じません。
 
プロバイダっていうと淘汰されていってるように思いますね。昔はそれこそ
プロバイダが乱立していましたが、なんだかんだ時間がたつにつれて
どんどん淘汰されていって合併・吸収を繰り返しているように見えます。
VC-NETがまだホームページが残っていたのがびっくりですが、見て
みるともう時代から取り残されていますね。(^^; 古い。デザインが古い。
ISDNやADSLとか。お客様がいるから簡単に辞めれないんでしょうね。
ストックビジネスとして継続できるのかな…?(^^;よくわからん。
 
NIFTY、SO-NET、BIGLOBE、OCN ですか、今って。ほかにもあると
思いますけども。 RIM-NETってのもありましたね。今もあるのかな。
あ、RIMNETもVC-NETもEJWORKSっていう親会社で統合された
みたいですね。
 
インターネットもすさまじい技術革新をもたらして新たなビジネスチャンスが
そこに生まれてプロバイダが乱立して、月日の経過に伴い淘汰されて
強者が残っていったという、なんとも世の常ですけどちょっと寂しい気も
します。

« 久しぶりのANA その3 | トップページ | やはり継続することに意味がある »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505627/56484026

この記事へのトラックバック一覧です: プロバイダについて:

« 久しぶりのANA その3 | トップページ | やはり継続することに意味がある »